外壁塗装・住まいの塗り替え・一般住宅塗装専門店

  • tel:0120-34-3811
  • LINEで簡単お見積り
スタッフブログ スタッフブログ

2019.11.04

雨漏りしやすい家がある!?老朽化だけではない雨漏りのリスク!

雨漏りしやすい家がある!?老朽化だけではない雨漏りのリスク!

 

雨漏りの原因で多いのが建物の老朽化ですが、古いものが必ずしも雨漏りするわけではありません。
雨漏りしやすい家の特徴をいくつか挙げてみます。

 

軒が短い・軒がない家

隣家との距離が狭い、建築費の削減、建築士のこだわりなどの理由で、軒を短くしたりあるいは全く出さない住宅が増えています。
日本は雨の多い国なので、昔は軒の出を大きくした家を建てる事が一般的でした。
軒が短いとそこに雨が吹き込むようになります。壁が汚れやすくなり、カビや苔が生え、見栄えが悪くなるというデメリットもあります。
また、軒は雨だけではなく直射日光が当たるのを防ぐ役割もあります。
軒がない家はシーリングや窓枠のコーキングなども、紫外線や風雨に容赦なくさらされます。そこが雨漏りの原因になりやすい個所となります。

 

雨漏りしやすい家がある!?老朽化だけではない雨漏りのリスク!

 

緩い勾配の屋根の家

勾配が緩いと雨水の流れが悪いので、雨水経路の複雑化や屋根下地の腐食などにより、どうしても雨漏りがしやすくなりがちです。

 

雨漏りしやすい家がある!?老朽化だけではない雨漏りのリスク!

 

 

屋根の形状が複雑な家

棟違い屋根、段違い屋根など複数の形状の屋根を組み合わせている建物は雨漏りが起こりやすくなります。

この組み合わせ部分は雨漏りの原因となりやすいため、屋根の形状が複雑になればなるほど雨漏りの危険性も増していきます。

 

雨漏りしやすい家がある!?老朽化だけではない雨漏りのリスク!

 

 

バルコニーがある家

バルコニーには雨漏りの原因になりやすい箇所がたくさんあります。その中でも特に多いのがバルコニーに出入りするための大きなサッシまわりです。
直接そこに雨があたり、雨漏りの原因になることが多いです。バルコニーにテラスを取り付けていればサッシに直接雨が吹き込むことがありませんので、それだけで雨漏りの可能性はぐっと低くなります。床面の防水層もひび割れの発生や、傷ついたりすることで雨漏りの原因となります。

 

雨漏りしやすい家がある!?老朽化だけではない雨漏りのリスク!

 

 

鴨川塗装は雨漏り修繕のご相談や無料診断だけでも、よろこんで対応いたしますのでお気軽にご相談ください。

塗り替えや雨漏り修理の施工依頼をしていただく前提で建物診断を行っておりませんのでご安心ください。

 

 

 

【LINEで簡単! お問い合わせも受付中! 】
下記からお友達登録をしてください! お問い合わせはいつでもお気軽にどうぞ!



  【鴨川塗装 オフィシャル facebookはこちらから】
いいね!で最新情報をお届けします!

鴨川塗装facebook

一覧へ戻る一覧へ戻る

  • lineで相談
  • お問い合わせフォーム

sp_tel

  • lineで相談
  • お問い合わせフォーム
〒435-0051 静岡県浜松市東区市野町2473-1
TEL : 0120-34-3811 / FAX : 053-422-3322
  • 鴨川塗装facebook
  • 塗魂ペーンターズ
© 株式会社 鴨川塗装

Pagetop

キャッシュレス決済